先輩エンジニアから多くを学べる刺激ある日々を送っています

クラウド・仮想基盤エンジニア S.Kazuki

インフラエンジニアとして
クライアントの社内環境の構築

-あなたの仕事-
現在は、インフラエンジニアとして常駐先の社内環境向けIaaSインフラ基盤の構築業務に携わらせて頂いています。
主にVMware社の仮想化ソリューションを使用したサーバ構築を担当していますが、他にもスイッチ等ネットワーク機器の設定、UT・IT・ST各種試験、ときにはデータセンター内の機器の物理的な配線作業を行ったりもします。

インフラという分野だけでも幅広い知識と技術が必要となるので、常に新しい事を取り入れようとする姿勢は必須だと思います。 また、通信障害といったトラブルが発生すると、自分以外のメンバーにも影響が出てしまうため、迅速な対応を行うためにも、豊富な経験と、円滑なコミュニケーションを意識することは、とても大切です。
現場の先輩エンジニアの方々からは技術的にも人間的に多くのことを吸収させてもらっており、日々刺激を得られています。

-ARIに決めた理由-
情報系の職業、私の場合は特にネットワークの分野に興味があり、就職活動を続けている内にARIと出会いました。
人事の方と面接を重ねていくうちに、ARIの事業内容と自身のこれからやりたい事が合致していると感じ、入社を希望しました。 技術職を希望している以上、技術力の成長は勿論ですが、ビジネススキルを意識して身に付けていける環境でもあり、また、良い意味で壁が無く、明るい社風も魅力的だと思います。

-これからの私-
元々希望していたネットワークの技術だけでなく、 サーバやデータベース、ストレージに仮想化技術などなど、インフラエンジニアとして、求められる要素は沢山あります。
さまざまな分野に探究心を持ち続けることはときに辛くもありますが、現場で何か成果を残せたときには、達成感を得られるし、学ぶ意欲にも繋がります。
私はまだ入社して1年未満ですが、この間に社内や現場の方々から得られた知識と経験は膨大です。それらを自身で完結させず、次の世代と共有していけるエンジニアを目指しています。

ある1日のスケジュール

  • 8:00

    常駐先へ出勤(電車通勤で一時間半、資格の勉強)

  • 9:00

    メールチェック、本日の業務内容の整理、業務開始

  • 10:00

    メンバーと相談しつつ仮想環境構築作業

  • 12:00

    現場のエンジニアの方々と昼食

  • 13:00

    常駐先の社員の方々を含めた打ち合わせに参加

  • 15:00

    テスト用環境で検証作業

  • 17:00

    ドキュメントの整理

  • 18:00

    メンバーと進捗を確認しつつ、この日は定時で退社

  • 19:00

    月に一度の会議に参加するため、帰社

  • 22:00

    帰宅(眠気と戦いつつ、資格の勉強)

その他のインタビュー

一覧に戻る