コンサルに必要な「聞く力」とは

T.Yasunobu
タクティカルデザインユニット
コンサルティングサービス部 部長
シニアコンサルタント
1974年生まれ。システムエンジニア、ITコンサルタント、業務コンサルタントを経て現職。
上流から下流フェーズまでの実務・マネジメント経験が武器。
コンサルティングサービス部の部長を務めるTさん その経歴とコンサルティング業について聞いた コンサルティングサービス部の部長を務めるTさん その経歴とコンサルティング業について聞いた

私は、転職をキャリアアップの手段として活用してきました。1社目はIT系の会社で、プログラミングやシステム設計の仕事をしていました。2社目はITコンサルの仕事。そして前職で最終的にやりたいと思っていたITと関係のない業務コンサルの仕事に就きました。

ARIに入社を決めた理由は、常に「変化」し続ける社風にあった ARIに入社を決めた理由は、常に「変化」し続ける社風にあった

三社目でやりたかったことが叶い、次のキャリアで何をしようという答えが見つからない時期がありました。この時の私は変化を求めていたのですが、ARIという会社は、他にはない勢いや情熱があり、年々会社の規模が大きくなっても常に新しいことに取り組もうとする姿勢が社風としてあるんです。ここなら今までのキャリアの延長線上にない経験ができそう、という興味から入社を決めました。

新設されたばかりのコンサルティングサービス部今後は仲間を増やし、チームで問題解決に取り組んでいきたい 新設されたばかりのコンサルティングサービス部今後は仲間を増やし、チームで問題解決に取り組んでいきたい

コンサルは様々なテーマがありますが、基本は問題解決の提案と実行をする仕事です。どんなテーマであれ、お客さんは何かしらの問題を抱えているので、それを丁寧にヒアリングすることから始まる。 なかなか相手が口には出さない本音を聞き出し、問題点がはっきりしたら、あとは解決方法を考えていくだけ。必要なのは困っている相手のことを自分事として考える力と、誰かに貢献しようと思う気持ちを自然に持てることだと思います。お客さんの話からは得られるものはたくさんあるので、それを積み重ねることで次の仕事にも生かされていく。若手で経験が足りなくてもなくても案件を通じてどんどん成長していけます。最初に依頼をいただいたときの相手の期待にやりがいを感じたら、途中で苦しくなっても最初の期待に応えようと努力し、結果を追い求める。その過程を楽しめるような人と一緒に仕事がしたいですね。

一覧に戻る