ARIでは複線型の人事制度を導入しています。

ARIでは複線型の人事制度を導入しています。

ARIでは複線型の人事制度を導入しています。
複線型人事制度とは、特定の専門的な仕事を極める人材を専門職として処遇する、 組織内での社員の多元管理を可能にする制度です。社員のキャリアパスとして、 ライン管理職ポスト(部長や課長)以外、昇進・昇格の道を用意しています。
これにより、高度な専門能力を持った人の育成、活用、モチベーションの向上を図り、 社員が将来目指すキャリアの自己実現を可能としています。

複線型人事制度の説明図
  • コンサルタント
    顧客の問題解決策をグランドデザイン化、システム企画化を支援する業界最高峰のスペシャリスト。としています。
  • プロジェクトマネージャ
    プロジェクト全体の運営、納期、品質、コストの責任を負う。案件受注(予算計画)、メンバー選定(人員計画)、顧客調整、要件定義、設計を行いプロジェクトを成功に導く。
  • プロジェクトリーダー
    プロジェクト全体の運営、納期、品質、コストの責任を負う。案件受注(予算計画)、メンバー選定(人員計画)、顧客調整、要件定義、設計を行いプロジェクトを成功に導く。
  • システムエンジニア/
    システムアーキテクト
    アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア共に要件定義から設計を主に担当する。設計の良し悪しがシステム全体の品質を決めるため、高度なスキルが求められる。システムエンジニア自らプログラミングや構築を行うこともある。
  • プログラマ
    主に詳細設計以降のプログラミングからテストを担当する。 新人の段階ではここから学ぶことが多い。

一覧に戻る