ZiDOMA bata 〜クラウド&NASのファイル自動管理ソリューション〜

ビッグデータ時代において、データを積極的に活用するには、
ファイルデータをいかに効率的に管理するかがポイントとなります。
ZiDOMA dataは、ブラックボックスになっているファイルサーバー内を分析し、
データを簡単に移行させることができます。

A社はZiDOMA dataでファイルサーバを分析した結果
70%が無駄なデータであることを突き止めました。

※一年以上使用されていないコールドデータのこと

ZiDOMA dataが教えてくれる!

Amazon web services

ZiDOMA dataの活用方法

1.容量不足になった時、手間とコストをかけずに対処したい

ファイルサーバの管理はディスク容量不足との戦いです。
導入時に利用量を計算しディスクを用意しても増え続けるデータが多く想定期間に達する前に容量不足になることがほとんどです。

今まで

ファイルサーバが容量不足になった場合、情報システム担当は利用ユーザーに不要データ削除を依頼する事が考えられますが、思ったほど容量改善を図ることができない場合がほとんどです。
「誰か他の人が容量を空けてくれるだろう」「消せと言われても全部が大事なデータだし・・」といった理由でファイル削除が進まないことも多いはず。
また昨今、企業コンプライアンスの高まりによりデータ削除に関しては慎重を要する事になっているケースも多いので更に削除依頼に対する効果は薄くなってきています。

ZiDOMA dataが解決!

ZiDOMA dataなら、事前にファイルサーバのディスク容量の枯渇を予測することができ、予算確保、システムインテグレータへの提案依頼、ユーザーが利用する可能性の低い時期での作業等のリスク回避を考慮した計画が立案できます。
また、ZiDOMA dataの分析を定期的に実行する事によりディスク使用量の増加傾向分析が可能になるので「このまま利用を続けるとあとXX年でディスク容量が枯渇してしまう」「枯渇する1年前には予算申請をしておこう」「他部門への依頼は早い時期に実施しておこう」等の計画を立てる事が出来ます。

2.適切にストレージのサイジングがしたい

昨今、ストレージの機能は、SSD(solid state disk)とSAS、SATAといった速度の違うディスクを1筐体に搭載したハイブリッドNAS装置も増えてきており全体的に高機能化が進んでいます。
高機能NASには高速な読み書きが可能なSSDには使用頻度の高いファイルが自動的に配置される様な階層化機能を搭載した高額なNAS装置も販売されており、ファイルサーバ全体としてどれ位の容量が必要なのか、SSD等の高速ディスクはどれ位の容量が必要なのか?購入する企業側でも必要容量の計算を行い、適切なストレージのサイジングをすることがコスト削減に大きく貢献すると考えられます。

今まで

ストレージのサイジングを搭載容量の今現在の利用量から判断しているパターンが多く、例えば、必要とされる容量も『1年で10TB消費しているので3年だと30TB、余裕をもってあと10TB追加して合計40TBくらいかな?』といった計算を行うケースが多くなってしまっています。

ZiDOMA dataが解決!

ZiDOMA dataを利用し、既存環境を分析する事により、アクセス頻度の低いコールドデータは安価な他のファイルサーバ(NASサーバ)やAmazon S3に移動させ、本当に必要なデータのみメインのファイルサーバに格納することによりディスク容量を増加させ続ける必要はなくなり大幅なコスト削減へとつながります。

3.AWS S3にバックアップしたい

企業データを保護する為には、データのバックアップが不可欠です。
個人PCの中にデータを格納している場合、個別にバックアップを行う事が難しい為、データをファイルサーバに格納し、ファイルサーバのバックアップを行う事で対応してきた企業も多いと思います。

今まで

バックアップとして一般的な手段はテープバックアップ(Disk to Tape)がありましたがデータの即時復旧のことを考えた場合、2次ディスクへのバックアップ(Disk to Disk)を採用する企業が増えてきました。
しかし、メインのファイルサーバの容量が増加した場合、バックアップ用の2次ディスクにも容量追加が必要となりシステム投資スピードは加速するばかりです。

ZiDOMA dataが解決!

ZiDOMA dataでファイルサーバに格納されているデータを分析し、例えば「3年間アクセスしていないデータ(コールドデータ)」はファイルサーバに置いておいてもディスク容量の無駄になります。この様なデータの為に自社内に設備追加をするのではなく安価なAmazon S3のクラウドディスクにコールドデータを退避するという方法があります。
Amazon S3のディスクではギガバイト単価は安価に設定されていますが、ダウンロードする際のデータ通信に課金がされる仕組みとなっており、使用頻度の高いデータをAmazon S3に格納してしまうとデータを使用するたびにダウンロードに費用がかかり結果的に運用費用が高額になってしまう場合があります。ZiDOMA dataで長期間アクセスしていないファイルを選択し、コールドデータとして退避する事によりファイルサーバの限りあるリソースを有効利用する事が可能となります。

4.ファイルサーバの運用コストを下げたい

ファイルサーバの運用コストはディスクの追加やストレージ自体の追加時に高額なコストがかかります。
特に急な容量不足に陥った際にはサービスを継続させる為の労力は、企業における情報システム部門以外にも影響が出ます。

今まで

ディスク容量が枯渇した際のディスク追加や、ファイルサーバ自体の増設に関しても急には対応できず、予算の確保、購入処理(相見積もり、入札等)、構築作業という実際の作業も情報システム部だけではなく購買部門等も巻き込み多大な労力が必要となるケースが増えていました。

ZiDOMA dataが解決!

ファイルサーバ全体の使用量グラフ、公開ディレクトリ毎の使用量グラフ、ファイルの所有者、ファイルの最終アクセス日等の多彩な分析により、ファイルサーバの見える化をワンタッチで行うことが可能となるためレポート作成までの労力を格段に減らし、情報システム部員の管理工数削減にも貢献できます。

5.どの部門がどのくらい使用したか把握したい

ファイルサーバ上で情報共有する機会が増えていますが、以前は使用容量の管理をするためにクォータ設定を行って1人当たりの使用量を制限したり、部門毎の使用量を制限したりする場合が多かったと思います。
重要データを共有する機会が増え、制限を解除する企業も増えてきていますが、その代わりに部門課金を採用する運用も増えてきています。

今まで

ファイルサーバの運用として情報システム部員が定期的にディスク容量を計るバッチファイルの実行、WindowsのファイルマネージャーやExplorer等を確認し手作業で容量を算出、レポート作成など、時間がかかるルーティーン作業を多く行っている企業が多いと思います。

ZiDOMA dataが解決!

週次報告、月次報告等、報告が必要なタイミングで分析タスクをスケジュール実行することができ各部門で誰がどのくらい使用しているのか把握することができます。
また、それにより社内で部門毎の利用容量の算出を行いファイルサーバの利用量に応じた部門ごとの課金を行うことが可能となります。

6.災害対策をコスト感よく実現させたい

東日本大震災の教訓を受け、コンピュータシステムの災害対策が必須となっています。災害対策として基幹系システムの二重化対策を行いメイン業務の無停止化は年々進められてきています。
では、ファイルサーバの災害対策はどうでしょうか。日々データが増加し続けるファイルサーバにも災害対策は必要です。
しかし、ファイルサーバ内の可視化が出来ていないとメインのファイルサーバと同容量の災害対策用ファイルサーバが必要となってしまうため、ファイルサーバ内のデータ分析を行い、本当に必要なデータと不要なデータを分類する事により災害対策費用を削減することも可能となります。

今まで

メインファイルサーバと同機種、同容量のファイルサーバを災害対策地に置きストレージ会社の用意する高額なソフトウェアオプションで複製を検討する企業が多くなるケースも。また、災害対策にかかる費用が高額となる為、ファイルサーバの災害対策自体を諦めてしまう企業もありました。

ZiDOMA dataが解決!

ZiDOMA dataを使用し、メインのファイルサーバを分析する事により災害対策で、複製をしなければならないデータを分類する事が可能です。
分類したデータをZiDOMA dataのコピー機能で遠隔地のファイルサーバに複製することも可能です。これによりストレージ会社に依存しない簡易DR機能の提供が可能となります。
また、AmazonS3のクラウドディスクを災害対策用データ保管場所として利用する事により遠隔地にファイルサーバを構築すること無く簡易DRを実現可能となります。